読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまに熟読、ときにナナメ読み視聴、ウェブニュース。

日々流れてくるインターネット上のニュースの気になった点や、そこから想像力を働かせたことなどを中心にして紹介していきます。

5月7日のネットニュースに、タイプライターを修理する会社が現存している理由について書かれていたけど、それだけまだ需要があるとは、驚きです。

 

f:id:tamanitokininews:20170514160828j:plain

 

文書作成をする時には一般的には「Word」を使うと思いますが
私はWindowsでも「Publisher」を使って文書作成を行っています。

本来は簡易のものではありますけどDTPソフトですので、
文書作成に適したソフトではありませんが、自分が使い慣れて
いる為に、これで文書も作成しています。


文書を作るのは今は先ほどのソフトを使ってパソコンで
行いますが、パソコンが普及していない頃はワープロ
皆さん文書を作っていましたし、私も経験はあります。

更に以前には、タイプライターで文書を作られていた
ようですね。

機械の存在は知っていましたけど、触ったことも使ったことも
ありませんでしたから、ほとんど意識のないモノになっていました。


そんなタイプライターを修理する会社が現存し重宝されている
理由についてのニュースを見て、ビックリしました。

冷静になって考えてみたら、まだタイプライターも現存して
動いているとは理解できますが、自分の廻りの生活の中では
想像することすらできなかったので、驚きでした。

ニュース記事の中で書かれていた、
“ 送り状などのカーボンを使った複写紙への印字には適している ”
というのは、確かにそうだなと思いましたし、だから今でも
使われているんだなと感じましたね。

必要とされていたら、或いは、取って代わられるものが無ければ、
古いモノであっても残っていくんですね。

自分もそういう存在でありたいと、
思いますね。