たまに熟読、ときにナナメ読み視聴、ウェブニュース。

日々流れてくるインターネット上のニュースの気になった点や、そこから想像力を働かせたことなどを中心にして紹介していきます。

花王が「アタック消臭ストロングジェル」や「リセッシュ除菌EX消臭ストロング」などで、介護でのニオイ悩みの解消を、折込みチラシで提案とは珍しいね。 

 

f:id:tamanitokininews:20170620233347j:plain

昨日か今日の新聞に入っていたと思うんだけど、
日用品のメーカーさん直々の折込チラシって
あんまり見たことないっていうか、記憶に
ないですよね。

スーパーとかドラッグストアのチラシで、
今回の花王さんの商品なんかは見ていますし
もちろんテレビコマーシャルなんかのマス媒体では
よく見ています。

今回の折込チラシもただ単に商品の羅列ではなくて、
介護の最中に生じるニオイ悩みの解消に、これらの
商品はいかがでしょうか、というスタンスのものだから
価格訴求チラシとは意味合いが違ってます。


しかしこのチラシを見て思うのは、
介護の現場では尿素や体臭等で悩まされているんだな、
切実な問題として、臭いの問題が存在しているんだな、
ということですね。

私個人としてはそこまで切実な問題とは感じては
いませんけど、メーカーさんがチラシを作成して
わざわざ新聞折込までするというのは、臭いの問題が
切実なんだと思います。

まださほど表には出てきていなくても、潜在的には
根強くあると云うことなんでしょう。

なので、こういう商品で臭いの問題が少しでも
解消されれば、快適に過ごせるわけですから、
とても良いことですよね。

 

 

 

 

 

 

サンフレッチェ広島がヤバい!。J1リーグ17位と歯車は狂いっぱなしですが、今一度サンフレッチェ広島の良さ・強みを発揮して欲しい。

 

 f:id:tamanitokininews:20170619235305j:plain

 6月17日のJ1リーグ第15節、フロンターレ川崎戦で
サンフレッチェ広島は0:1で負けました。

未だ2勝しかできておらず、勝ち点10の17位に
沈んだままです。

まだ試合も多く残っており、今すぐ ‟ 降格云々 ” というのは
時期尚早だと思ってはいますが、他の降格圏チームとは
意味合いが違うと思いますね。

過去5年のうちで3回もJリーグ王者となったチームで、
開幕前の目標は一部残留などではなかったはずですから、
一番慌てている、ダメージを受けているのかもしれません。


主力選手の調子やシステムや戦術など不振の原因は
いろいろあると思いますし、本当の理由が何なのか、
またどうしたら抜け出せるのか、といったことも私には
分かりません。

ただ個人的な意見としては、新しい選手が出てこないことには
チームは活性化されないと思っています。

特に、資金力の乏しいクラブではなおさらです。

資金力のないクラブが生き残っていくには、
「入団させた選手を自前で育てて戦力にする」というのは
絶対欠かせないと思っています。

これはサッカーに限らず野球でも何にでも当てはまると
思っていますし、プロスポーツとはそういう仕組で
成り立っていると思っています。


人をモノに例えるのはどうかとは思いますが、
工場を考えたら理解しやすいと思うんですよ。

自分のところで育てて(製造して)こそ、利益がちゃんと
とれるし、付加価値も付けれるわけですからね。

いい素材を発掘して、自前で鍛えて育てて、いい選手を作る
という自分たちの良さや強みを今一度再確認してもらって
残りの試合に取り組んでもらいたいなと思っています。


私はサンフレッチェ広島のサポーターでもなければ、
ファンでもありません。

でも、すごく気になるんです。

Jリーグには、ビッグクラブもあってもいいですが、
反対に、サンフレッチェ広島のような、地方にありながらも
優勝争いにはいつも加わっている、そして選手育成にかけては
どこのクラブにも負けない、といったクラブが必要なんです。

狂いっぱなしの歯車を元に戻して、また再び雄姿を
見せて欲しいなと願っています。

 

 

 

 

 

 

2017年6月17日、本格的クルーズトレイン「トワイライトエクスプレス瑞風」が運行開始。

 

f:id:tamanitokininews:20170617235629j:plain

JR九州の「ななつ星in九州」、JR東日本の「TRAIN SUITE
四季島(トランスイートしきしま)」に続き、日本で3列車目と
なった本格的クルーズトレイン「トワイライトエクスプレス瑞風」が
2017年6月17日(土)に運行を開始しました。

朝10時20分に大阪駅を出発し、京都駅を経由して山陰本線に入る
‟ 1泊2日の山陰下りコース ” の旅が第一陣です。

豪華クルーズトレインの名にふさわしく、‟ ロイヤルツイン ” や
‟ ザ・スイート ” 等の客車やラウンジカー、食堂車、展望車を
連結した10両編成で各地を回ります。


最初に、JR九州が初めてクルーズトレイン「ななつ星in九州」の
運行を始めた際には、とてもビックリしましたよね。

金額もさることながら、やはり車両の外観や内装のデザインの
豪華さには本当に驚かされましたが、今度の「トワイライト
エクスプレス瑞風」を見ても、やはりびっくりさせられます。

個人的には、この「トワイライトエクスプレス瑞風」の
深い緑色とゴールドの色あいはとても好きです。

乗車するというのは、” 夢のまた夢 ” という部分もあり
中々利用できるものではないですが、見るだけでもいいから、
その雰囲気を味わってみたいと思っています。

その上で出来れば、いつか一度は乗車してみたいですね。  

 

 

 

 

 

 

キリン「BITTERS」‟ 皮ごと搾りレモンライム ” の缶デザインが、夏にふさわしい限定デザインなので、中々カッコイイ。

 

 f:id:tamanitokininews:20170616002654j:plain

今日はいつも買うのとは違うチューハイ、キリン「BITTERS」の
‟ 皮ごと搾りレモンライム ” を買ってみました。

キリン「BITTERS」のブランドはもちろんは知っていましたし、
‟ 皮ごと搾りレモンライム ” 味も知っていましたが、従来の
デザインとは少し違うな感じがしたんですよ。

なにか、光の筋のようなイラストが描かれてありましたから、
花火みたいな感じもするし、レモンやライムを搾って果汁が
幾筋にもなって飛散っている雰囲気もするなと思っていましたら
「夏限定デザイン」とありましたから、先ほどのことは、
花火のことなんだと分かった次第です。

この「ビターズ」シリーズでは、他にも若摘み、初摘みなどの
〈期間限定〉商品もあり、選択肢が今までより拡がっていますし、
名前の通り味は甘くなくて、キリッとしていて、
飲み応えありますね。

おまけに糖類ゼロ、プリン体ゼロ、ときているので
健康にも対応したチューハイといえそうです。

でもしかし、飲みすぎたら健康じゃなくなるので
そこんところは気をつけないとね。

 

 

 

 

 

 

 

定時株主総会招集ご通知の案内が届いてる。とはいえ、株主総会へ出席することなど考えたこともないなぁ。

 

f:id:tamanitokininews:20170614235951j:plain

6月の初め位だったと思いますが、定時株主総会招集通知の
案内が届いていました。

その時はまだ日にちがあると思っていましたので、
封も切らずに置いていましたが、6月半ば近くなりましたので
今日開けてみました。

前期の決算報告とか事業内容についての事業報告書と
議決権行使書とが入っていました。

何千株、何万株を持っている大口株主ならいざ知らず、
小口も小口の、極小口株主ですから、何もいうことは
ないですから、株主総会といっても正直ほとんど
関係ないですもんね。

別世界のことですよ。

たまたま会社組織になったから株主になっただけの
ことなので、株主という意識はないですよね。

ただ、議決権行使書をどうするかなというのはありますね。

6月23日までには郵送だと到着してないといけないし
インターネットでもその日までに行使しないといけないので
いずれにしても、そろそろ決めないといけないですね。

とは書いていますが、あまり重要な問題ではないので
それほど深刻には考えてはいませんが。 

 

 

 

 

 

 

これからの夏場に向けての必需品、蚊取り線香。通常の1.7倍 ながもちのお徳用サイズ。

 

f:id:tamanitokininews:20170613172244j:plain

昨日、ドラッグストアで蚊取り線香を買いました。

毎年この時期になると購入してるんですが、
通常のものより1.7倍 長持ちするタイプで、
50巻入っているお徳用サイズです。

ちょっと前から夕方頃になると、チラホラ蚊が出て
きてたので、早く買っておきたかったんですよ。


蚊取り製品は、電気蚊取器やワンプッシュ式蚊取り
タイプのものなど色々ありますし、以前は液体式の
電気蚊取りを使ったことはありますが、今はやっぱり
蚊取り線香が一番いいですね。

薄っすらと筋状の煙が上方に伸びている様を見ると
しっかり効きそうな雰囲気がします。

反対に、‟ 見えない・臭いはしない ” タイプの
蚊取器だと、どこまで効いているのか半信半疑の
ところはありますからね。


これからは夕方に蚊取り線香に火をつけることが
日々の日課となりそうです。

もうこれで安心して過ごせますね。 

 

 

 

 

 

 

カルビー「えんどう豆クランチ」の袋のデザインががなかなか良いね。

 

 

f:id:tamanitokininews:20170613165909j:plain

パソコンにある撮影済みの画像の中を探していたら
カルビー「えんどう豆クランチ」を撮影した画像が
出てきました。

出てきた時には「そういえば、撮影してたなぁ~」と
感想をもったと同時に、その時に何で撮ったのかという
理由も甦ってきましたね。


その頃、スナック菓子の外装袋のデザインが面白いなぁ~と
興味を持っていた時期だったので、スーパーやコンビニの棚は
割とよくチェックしていたんですよ。

そして見つけたのがこの「えんどう豆クランチ」で、
シンプルなデザインが目を引きましたよね。

全体が白を基調にしていて、えんどう豆に関係する黄緑色と
カルビーの赤色がほんの少し入っているスッキリとした
カラーリングが、売り場では逆に目を引いたんでしょうね。

それに何といっても、えんどう豆のイラストが秀逸でした。

極細の線で輪郭を描き、濃淡をつけて全体を着色して
いるんですが、このイラストがパッと目に入りましたし、
すごく新鮮に映りましたね。

それで買って食べてみたくなり、おまけに写真まで
撮ってしまったという、次第ですね。

食べた感想としては、あっさりとした塩味で
えんどう豆の風味も感じられて食べやすかったですよ。