たまに熟読、ときにナナメ読み視聴、ウェブニュース。

日々流れてくるインターネット上のニュースの気になった点や、そこから想像力を働かせたことなどを中心にして紹介していきます。

” トクホ ” を取得した、ノンアルコール「サッポロプラス」。何でもかんでも ” トクホ ” にするねぇ~。

 

f:id:tamanitokininews:20180221235911j:plain

先日、カロリーの低い缶酎ハイがないかなと探してたら
目についたサッポロのノンアルコールビールテイスト飲料
「サッポロプラス」。

その缶には、消費者庁が許可した特定保健用食品の証である
” トクホ ” のマークが入ってました。

最近はお茶はじめとして飲料からヨーグルトやガムなどの
食品にまで数多くの ” トクホ ” 商品が発売されています。

そこにノンアルコールビールテイスト飲料まで ” トクホ ” 商品
として売り出すとはねぇ~。

健康を考えるんなら、まずアルコールを控えればいいんだし、
飲むにしても量を抑えるとかそこは自制する必要があるんじゃ
ないのかなと思いますよ。

ビールテイスト飲料だから、” トクホ ” だからといって、
好き勝手に大量に飲んでたらやはり効果はあまり出てこないん
じゃないのかなと思われますよね。


それにしても、何でもかんでも特定保健用食品にすればいい
という印象がするね。

 

 

  

 

 

 

 

小平奈緒選手の金メダルには感動しました。そしてレース後の振る舞いにも。

 

f:id:tamanitokininews:20180221105810j:plain

今日行われた平昌オリンピックのスピードスケート
女子500Mにおいて、小平奈緒選手がオリンピック
レコードで見事、金メダルを獲得しました。

ニュースで結果を知ってから、映像を見たんですけども
感動しましたね。

オリンピック3回目の出場でついに金メダルに
輝いた訳ですから、スゴイですよね。

当然、オリンピックに至るまでには厳しい練習や
努力を積み重ねなければならず、大変だったんだろう
と思いますし、それが報われて良かったなと思います。


小平奈緒選手の金メダル獲得にはもちろん感動しましたが
その他にも感動させられた素晴らしい光景がありました。

レースが終わった後、銀メダルに終わり泣き崩れた韓国の
李相花選手を小平奈央選手が抱きかかえたシーン。

一言、二言声を掛け、
二人揃ってリンクを周回。


思わず見ているこちらも胸が熱くなり、恥ずかしながら
もらい泣きしてしまいました。

こんな ” 美しい光景 ” は見たことがありませんね。

少なくとも私の記憶にはないです。

感動した上に、心が洗われるようで‥‥‥。


どうしても日本と韓国というのは、スポーツの試合に
おいては、試合中はもの凄くエキサイトするので結構
激しい試合となります。

試合の前や後でも罵りあったり、挑発したりすることも
数多く起きていたりします。

でも、今回の小平奈央選手と李相花選手が作り出した
奇跡のような光景は人々の心を大いに揺さぶりました。

従来のスポーツの日韓戦とは、天と地ほどの差が
ありましたね。

相手をリスペクトし、思いやることで
こうも素晴らしい関係が築けるなんて。

スポーツには無限の可能性があることを、二人で
身をもって示してくれましたね。

 

 

 

 

 

 

福岡ソフトバンクホークスの「長谷川宙輝」投手の評判がイイ!‥‥らしい。

 

 

f:id:tamanitokininews:20180219104713j:plain

今朝のWebニュースに福岡ソフトバンクホークス
「長谷川宙輝」選手の記事が出ていました。

キャンプでトレーニングをこなしていく中で、力が付いて
きていいボールを投げているので期待がもてそうだ、
という内容だったと思います。

こういう新しい選手が出てくるというのは、
非常に楽しみです。

それに新しい選手が出てこないことにはチームも強く
なりませんし、人気も出てきませんから、とても重要な
ことだと思っています。


そもそも野球でもサッカーでもどんなスポーツであっても、
入団させた新人選手を鍛えて、戦力にするというのが、
基本中の基本だと思っています。

チームを強くする手っ取り早い方法としては、FAだとか
移籍金を払って獲得するだとかトレードするだとかの方法も
あります。

それはそれで必要だとは思いますけども、やはり根幹は
新人選手を鍛えて戦力にすることじゃないかなと
思っています。

そういう点でこのような若い選手が出てくることは、
チームにとっては大変好ましいことだと思っていますし、
また必要なことだとも思っています。


長谷川選手は現在育成選手ですけども、最速150㎏ぐらいを
出せれるサウスポーだと聞いています。

コントロールがいいのいかどうかは知りませんが、左腕で、
150㎏近くを出せれるピッチャー、というだけでも魅力が
あるわけですから、はやく一軍で投げて欲しいですね。

支配下選手になって、1軍で投げる日もそう遠くないんじゃ
ないかなと期待しています。

さらに、プロ入り9年になる、同じ左腕の川原弘之投手も
” 大化けしそう ” だとの報道もありましたので、こちらも
大いに期待しています。

やはり左ピッチャーは今の球界では価値があるので、
どんどん出てきてくれたらいいですね。

 

  

 

 

 

 

自分が気に入った図録を「良いねぇ~!」って共感してもらえると、嬉しい!。

 

f:id:tamanitokininews:20180216194052j:plain

先日来、岡山県瀬戸内市にある瀬戸内市立美術館で見た
坂田源平木彫展の感想や図録のことを度々ブログに
書いてきました。

そして今回の図録は値段もリーズナブルなこともあって、
友達や知り合いにこの図録を見せたら欲しがる人も
居るんじゃないのかな、という想いが頭の中を
巡りました。

「ならば1冊余分に買って帰ろう」となって、
もう1冊購入しました。

まぁ興味を持たれずに残ってしまった最悪の場合でも、
木工でも陶芸でも絵描きでも、動物を表現している友達に
プレゼントすればいいかなと云う気持ちで購入しました。


帰ってから早速友達なんかに、この展覧会の話をして
図録を見せましたら「やはり、いいねぇ~」と入って
くれる人がそこそこ居ました。

中には「欲しいなぁ~。」と云ってくれる人も居ました
ので、そのまま分けてあげました。

心の内では、「ねぇ~ この図録、良いでしょッ!」と
思ってましたから、共感していただけて嬉しかったです。

それに、余分な出費にもならずに済みました。

もう一人二人ほど、欲しい素振りを見せた方も居ました
けども、私が仕入れて売ってるわけではないので、あまり
色気を出しても仕方ないですしね。

やはり、一番いいのは実物の作品を見たうえで図録は
買った方がイイですからね。

 

 

 

 

 

 

セブンイレブンの「チキン&ベーコン(シーザーソース)」サンドイッチのカロリーがハンパない。

 

f:id:tamanitokininews:20180216191025j:plain

この前セブンイレブンのお店で、「チキン&ベーコン
(シーザーソース)」サンドイッチを買いました。

セブンイレブンでサンドイッチを買うことは、そんなに
というか、本当に多くはないんですけどね。

ただ野菜が不足しているかなという時には、買うことも
あります。


この度もちょっと野菜が摂れていないかなという意識が
サンドイッチを買わせようとする行動につながりました。

赤い色をしたトマトが入っていたのが目に留まって
更に163kcal という低カロリーも購入の後押しと
なり、この「チキン&ベーコン」サンドイッチを
購入しました。

「アレッ、これってカロリー低くない?!。」って思って、
他のサンドイッチを何点か見比べて見ましたら、これは
かなり低かったですね。

一律同じという訳ではないですけど、60kcal とか
100kcal とか低い場合もあって、トマトとか野菜が
ちょっと摂れて、この低カロリーは「これはいいわ!。」
と即決しました。

食べても野菜がシャキシャキしているので、
おいしくいただきました。

願わくば、もう少し値段が安くなってくれたら、
嬉しいんですけどね。

それにセブンイレブンのことですから、この商品が
いつ販売終了となるのかは分からないので、今のうち
食べておこうと思います。

 

 

 

 

 

 

サッポロの「極ZERO 爽快ゼロ 」のカロリーが18kcalって、こりゃぁ低いわ!。

 

 

f:id:tamanitokininews:20180214232726j:plain

最近は缶酎ハイをやめて焼酎のお湯割りにしたので、買い物
ついでにお酒類を買うこともなかったんですけどたまたま
お酒売り場の近くを通ったら、新しいお酒を見つけました。

卵色と浅葱色が目立つ、サッポロの「極ZERO 爽快ゼロ 」です。

まず、そのカラーリングに惹きつけられましたけど、さらに
「カロリー最小級18kcal」というコピーにも目がいきました。

当然、100ml当たりの数値ですけども、18kcal と云うたら
めっちゃ低いですよねぇ~。

1缶丸々飲んでも63kcal ですもん、そりゃあ低いですね。

今カロリー摂取を制限している私にとっては、これなら大丈夫ッ、
って云えるお酒類ですから、有難いです。

あとは飲んでから、自分の好みに合えばラインナップに
入りますね。

これは飲むのが楽しみですよぉ。

 

 

 

 

 

 

 

一人のシェフの「ミシュランガイド」三つ星返上は、レストラン評価の新たな指針になるのでは。

 

 

f:id:tamanitokininews:20180213092236j:plain

レストランを格付けする本と云えばやっぱり
ミシュランガイド」。

星を獲得して「ミシュランガイド」へ掲載されることは、
とても名誉なことには違いないので、シェフの方々の目標と
なっているんでしょう。

そんな「ミシュランガイド」に関して、最高ランクの
三つ星を返上するという動きが起きたとのニュースが
報道されていました。


私個人的にはイイことだと思いました。

レストランを格付けするモノは「ミシュランガイド」だけ
と云うんじゃなくて、他にもあって良いはずですからね。

国を守るとか社会秩序を維持するという考え方は、一つに
絞られていないといけないですけど、料理や食事には色んな
基準があって、多様性がなければいけないと思ってます。

味覚なんて絶対的なもんじゃないですし、おいしさという
のも人の好みによってかなり影響を受けるものですからね、
ミシュランガイド」だけでランク付けするのは、そもそも
無理があるなと思ってますからね。

それぞれの基準で、もっと多角的に評価されるべきだと。

今回の三つ星返上の動きが、新たなレストラン評価の指針に
なったらいいなと思っています。

” ガイドに掲載されていないけど料理がすこぶるオイシイお店 ”
といった評判が立つみたいに。

変な ” 権威付け ” は要らないですね。