読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまに熟読、ときにナナメ読み視聴、ウェブニュース。

日々流れてくるインターネット上のニュースの気になった点や、そこから想像力を働かせたことなどを中心にして紹介していきます。

「金のなる木」って、見ようによって実に妙な名前。「Crassula ovata」という学名よりも、分かりやすい名前の方が浸透するんだね。

 

f:id:tamanitokininews:20170415232828j:plain


これからは気候がいいので、庭が自宅にあると、
庭いじりや園芸を気兼ねなく楽しめる、もってこいの
時期になりましたね。

先日、納品でお伺いしたお客さんの所には、
とてもデカイ「金のなる木」があったんです。

教えていただいたから名前は分かったんですけど、
ホントに上手に大きく育てられていました。


私も以前から名前は知っていました。

ふと考えてみると、「金なる木」って、
妙な名前じゃないですか。

実際に、お金がなる訳でもないのにね。

一説には、栽培途中で五円玉を枝に通して、
樹木がそのまま大きくなると、さも五円玉が
成っている様に見えたから、「金のなる木」と
ネーミングして売り出したとか。

ちゃんとした「Crassula ovata」という学名もあるのに
通称・俗称がまかり通っちゃってねぇ~。

分かりやすい方が浸透しやすいってことだね。