読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまに熟読、ときにナナメ読み視聴、ウェブニュース。

日々流れてくるインターネット上のニュースの気になった点や、そこから想像力を働かせたことなどを中心にして紹介していきます。

昨日の「ヤマト運輸が時間帯指定の配達を見直しへ」というニュースをネットで見ました、の続き。

 

f:id:tamanitokininews:20170318083650j:plain


昨日の続きです。

昨日、「配達時間に幅をもたせること」が必要なんじゃないかと
ブログに書きましたが、もう一つアイディアがあります。

それは、配送センターでの引き渡しを確立すること。

つまり、お客さんに商品を引き取りに来てもらって
配達を減らすというものです。

いわゆる、“ 営業所止め ” というのを、サービス化して
活用するというモノです。


個人的なことで云えば、たまに配送センターへ出向いて
品物を受け取ったりしていますからね。

どうしても早く品物を受け取りたい時には、そうしています。

配送センターで荷物委の引き渡しが終了すれば、それだけ配送する
個数も減りますし、それが時間指定だったとしたらその為だけに
動かずに済みますので、全体の配送スケジュールは余裕をもつ
ことができると思います。

実際、荷物を発送する際には皆さん配送センターに荷物を
持ち込んでいるので、さほど負担にはならないとは思いますし、
お客さんにとっても自分の好きな時間に荷物を引き取れるので、
わざわざ出向いていくメリットはあると思います。


ただひょっとすると、配送センターが込み合うという事態が生じる
恐れはあるかもしれません。

なので、まずは地域の拠点センターを決めて、そこでの引き取りを
スタートさせてから、多くのセンターへと広げていけば問題は少ない
のではないかなと思っています。


「時間指定の幅を広げる、もたせる。」
「センターでの引き取りを推奨する。」

運賃値上げももちろん必要だとは思いますが、それだけでは
解消しない部分も多いと思いますので、このようなアイデア
併せて実行することが大切だと思っています。


さてこれから、宅配業界はどうなっていくんでしょうか?。
目が離せないですよね。