読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまに熟読、ときにナナメ読み、ウェブニュース。

日々流れてくるインターネット上のニュースの気になった点や、そこから想像力を働かせたことなどを紹介していきます。

御朱印は、寺社を訪れて神様とご神縁を結ばれた証であり、集めるモノにあらず。

 

f:id:tamanitokininews:20170219005746j:plain

 


今日のYahooニュースに、『「御朱印」転売に神社から
切実なお願い―― 貼り紙なぜ? 神社に聞いた 』という
ニュースが出ていました。

画像は「ねとらぼ」の2月13日付の中の記事で、
ご確認いただくとして。


その貼り紙には、御朱印についての意味とか俗にいう点売屋・
代行屋を通じて手に入れることは忌むべきで、必ず参拝される
ことへのお願いが書かれてあります。

その内容は、誠にもっともなことばかりで、しかも単に批判する
ことなく丁寧な言葉づかいで、人を諭すかのようです。


私も個人的には神社は好きなのでたまに出掛けたり、
遠出した時などでも道沿いに趣のありそうな神社があると
立ち寄ったりします。

神社にお参りするとやはり気分がシャキッとするといいますか、
神聖な気持ちになりますよね。

参道とか境内の中にある古木や大木の幹近くに佇むと、
何かは分からないですがエネルギーをいただけたような気が
いたしますからね。


結局は、自社にお参りすることが目的であってですね、
御朱印を集めることは目的ではないんですよね。

だから、御朱印だけ集めたって、なぁ~んにも
なんないわけですよ。

ましてや、金にモノを云わせて転売屋とか代行屋に頼んでも
意味ないですよね。

本来の目的が、どっかにすっ飛んじゃってますよね。


こういう背景には、マスコミとかが「御朱印ガール」とか
「御朱印集め」と称して、無節操にニュースに取り上げるのも
良くなかったと思いますね。

特に「御朱印集め」はいかんですよ。
ネーミングが良くない。

これじゃあ、焚きつけてるようなもんですからね。

あくまでスポットを当てるのは、「寺社へお参りすること」で
あって、「御朱印」はサブなんですから。