読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまに熟読、ときにナナメ読み、ウェブニュース。

日々流れてくるインターネット上のニュースの気になった点や、そこから想像力を働かせたことなどを紹介していきます。

横浜スタジアムが6000席増席。チームの強化に続いて、スタジアムの魅力も更にパワーアップへ。

 

f:id:tamanitokininews:20170410063501j:plain


横浜スタジアムとDeNAが横浜スタジアムの改修計画を
横浜市に提出したと発表 ” というニュースを、Yahooニュースで
見ました。

昨年の躍進で観客動員数も増加してチケットが取れにくく
なっていたり、球団の掲げる「コミュニティボールパーク化構想」
に基づき、スタジアムの魅力をより高める意味合いもあって
改修に乗り出すのかなと、個人的には感じています。

もちろん、2020年オリンピックの野球やソフトボール
メイン会場にもなっていることも考慮の上だとは思います。


スタジアムが新しくなったり、雰囲気がよくなったりするのは
とても良いことだと思っていますし、必要なことだとも
思っています。

なので、改修計画後の予想イメージ図を見ると、“ どんな球場に
なるんだろう ” という期待感を抱かせてくれていますから、
ベイスターズファンならずとも、気になりますよね。


野球を楽しむうえで、スタジアム(球場)というのは、
とても大事な要素だと思っているんです。

“ 贔屓のチームが勝つ ” というのはファンとして一番欲している
ことではありますが、スタジアムへ行ってみたいと思うのも
当然のことながらあるはずですよね。

それが魅力的なスタジアムであれば、なおさらのこと
なんではないでしょうか。

ちょっと “ 卵が先か、ニワトリが先か ” に、似ている
かもしれませんね。

球場が新しくなれば、コアなファン意外のライトなファンも
足を運び、観客が増え満員になると、声援が後押しとなって
選手も今まで以上に頑張るようになって、良いパフォーマンスを
するから勝利に結びつきやすくなる、という流れですよね。

ここ数年の広島東洋カープの躍進がいい例ですよね。

まぁ、広島の場合は、“ カープ女子 ” の力も見過ごせないので、
スタジアムの力だけとも言い切れないですが‥‥。


それにしても、今は横浜ベイスターズファンが
羨ましいですよ。

これから勝敗とは別の楽しみができた訳ですからね。

孫さんも、新しいボールパークを作んないかなぁ。

世界一のチームを目指してるんだったら、それに見合うような
舞台(ボールパーク)も用意しないと、なんかしっくりこない
ような気がするんだけどね。

そう思うのは、自分だけかな。

 

 

 

 

 

 

3月14日のテレビ東京「ガイアの夜明け」で、大手の全国チェーンスーパーに敢然と立ち向かう、独自色を出し奮闘している地方の地域スーパーの姿が放送された。

 

f:id:tamanitokininews:20170405201936j:plain

 

時間があれば風呂上りとかに」見ることの多い

テレビ東京の「ガイアの夜明け」。

今日の内容は、大手のスーパーチェンが全国に展開している
中でも、それにも負けじと奮闘している地方の地域スーパーの
取り組みを紹介していた。


物量や価格といった力勝負だけでは勝算は得にくいので
いかにしてお客様に足を運んでいただくかということに、
知恵を出し、それぞれの独自色を出し、お客様を掴んでいる
姿には少なからず感動を覚えますね。

テレビのことですから、多少の脚色はあるのかどうかは
知りませんが、目一杯努力されていることは間違いないです。

それによって、結果もついてきてるわけですから。


そしてこのようなテレビを見ていて、苦しく厳しい状況
だったとしても、突然の逆境だっとしても、「やりようはある。」
ということを、いつも思い起こさせてくれます。

中小企業の応援歌みたいな側面を持っていますよね、
この「ガイアの夜明け」は。

  

 

 

 

 

 

昨日の〈濃厚炙りチーズ味〉に続いて今日は、「堅焼き仕立て 大人の贅沢カール」〈熱旨炙りカレー味〉を食しました。

 

f:id:tamanitokininews:20170404000542j:plain

昨日は、「堅焼き仕立て 大人の贅沢カール」〈濃厚炙りチーズ味〉
を食べましたが、今日はもう一つの〈熱旨炙りカレー味〉を
食べた感想です。


〈濃厚炙りチーズ味〉を一度食べているので、ビックリするほどの
かたさは感じませんでしたが、昨日食べた時の印象と同じように、
歯応えがあって、じっくリ味わえました。

それから、チーズの風味も同じようにあったんですが、
やはり何といってもカレー風味が袋を開けた瞬間から
ドォ~ンときましたね。

いかにも、カレーっていう感じで。

この〈熱旨炙りカレー味〉も、ビールとかのおつまみには
ピッタリ合いますよね。


〈濃厚炙りチーズ味〉といい、この〈熱旨炙りカレー味〉
といい、“ 大人向けのスナック ” というコンセプトに、
良くマッチしてるんじゃないかなと。

次から次へと食べるんじゃなくて、一つ一つを味わって
食べる、というのが物語っていると思いますよ。

これからは少子化も進行していくので、子供だけじゃなく
大人向けのスナックも商品開発していかないとやって
いけないんでしょうね。

 

 

 

 

 

パッケージに惹きつけられ、明治の「堅焼き仕立て 大人の贅沢カール〈濃厚炙りチーズ味〉」を購入、早速食してみました。

 

f:id:tamanitokininews:20170402115057j:plain

スーパーで見かけた時に、この黒いパッケージには
びっくりしました。

もう一つの味、〈熱旨炙りカレー味〉とともに並んでいる
と目立っていて、どっちにしようかと思案しましたが、
決め切れなかったのでこの際、二つとも購入しました。

でまず今日は、〈濃厚炙りチーズ味〉から
食べてみます。


最初口に入れて一口噛んだ時の食感は、 “ カタイ。 ”

パッケージには、 “ カリッ ”や “ ザクッ ” と印字されてて
表現としてはそれで間違いないとは思うんだけど、
やっぱり第一印象はカタイと感じました。

それは今までのカーㇽや他のこの手のお菓子と比べて
ということで、決してマイナスじゃなくてね。

一つ一つをじっくり噛めて味わえる、歯応えのある
スナックと云えますよね。

堅焼き仕立てに、“ ウソ偽り無し ” ですよ。

おまけにチーズの味は口の中いっぱいに広がって
濃い味が楽しめますね。

ビールとかのおつまみには、もってこいなんでは
ないかなと思いますよ。

“大人向けのスナック”というコンセプトに、食感や味、
一袋の量やパッケージなどのバランスがが絶妙と
云いますか、スゴクいいですね。

「よくできてるわぁ~。」と感心した次第です。

 

 

 

 

 

 

1994年第12回アジア競技大会(広島)の記念500円硬貨が、私のもとにやってきた。

 

f:id:tamanitokininews:20170331170431j:plainf:id:tamanitokininews:20170331170447j:plain

 

今日は定期購読してくださっているお客さんのもとに、
雑誌をお届けしました。

その後、代金をいただいたのですが、そのお金の中に、
1994年の広島で開かれた第12回アジア競技大会
記念500円硬貨が混ざっていたんです。


最初見かけた時には、
「アレッ、いつもの500円硬貨とは違うな。」
と思ってよく見たら、アジア大会記念硬貨
だったんですよね。

いやぁ~、メッチャレアなものが見れて
ビックリしました。

20数年前に発行された硬貨がまだ流通している
なんてね、驚きです。

こんな貴重な珍しいものが自分の元に届くなんて
これは何かいい事があるかもね。 

 

 

 

 

 

 

床屏風の修理の依頼が入りました。修復が可能か、コストはいくらかを、取引先に問合せた上でお客様に返事。

 

f:id:tamanitokininews:20170329232020j:plain

 

以前、お客様から小さい屏風、たぶん床屏風だと思うんですが、
その修理の依頼を受けていました。

私どもが掛軸などの表装を承っているので、そのことを
知っておられてこのようにお声かけ頂いた次第ですね。


屏風はかなり傷んだ状態なので、できるなら修理しておきたいと
いうお気持ちでしたので、絶対にどうしても直しておかなきゃ
というモノでもありません。

それに、コストもいくらかかってもという訳にもいかない
でしょうから、値段も相談の上ということにはなると
思います。


この屏風を持ち込んでみてもらうのが一番分かりやすい
のだとは思いますが、少し離れていますのでまずは撮影した
画像を送って、このような秒の修理が可能かどうか。

そして可能であれば概算でオーケーなので、値段はおおよそ
いくらぐらいになりそうかを問合せて、それをお客様に連絡して
判断していただく手はずになります。

先ずは、問合せない事には。

 

 

 

 

 

 

低カロリーの健康志向ポテトチップス「焼きじゃが」。大分県の「テラフーズ」という地方企業が製造していたことにビックリ。 

 

 

f:id:tamanitokininews:20170329095439j:plain

たまたま立ち寄ったスーパーで、カロリーを気にせずに

食べられるポテトチップス、というインパクトのある
キャッチコピーと斬新なレイアウトが目を引いたので、
試しに買って帰ることに。

食べてみると、キャッチコピーに偽りはなく、
サクッサクッと軽い感じで、やはり低カロリーの
ポテトチップスだなと実感しました。

と同時に、“ こんな軽い食感のポテトチップスもあるんだ ”
とビックリもしました。


そして、このポテトチップス「焼きじゃが」を作ったのが、
大手メーカーでなく地方の一企業、大分県の「テラフーズ」
だったことにも更にビックリしました。

独自の製法を開発して、低カロリーを実現してこの軽い食感を
作り出し、何でもかんでも、東京や首都圏に集まってしまう
このご時世に、地方からこんな素晴らしい商品を作り出して
いるなんてね、お見事です。

まさに、地方創生ですね。

地方を元気にするのは、やはり地方の人間ですね。
決して東京や首都圏の人々ではないです。
ましてや、国の人間でもない。

ヒントや補助金はいただいたとしても、そこからは
自らの頭で考え、行動するしか道はない。

こういう動きがどんどん出てきたら、地方はもちろん良くなり
日本全体もよくなりますから、そういう企業が出てくることを
期待しましょう。