読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまに熟読、ときにナナメ読み、ウェブニュース。

日々流れてくるインターネット上のニュースの気になった点や、そこから想像力を働かせたことなどを紹介していきます。

今日から始まった“プレミアムフライデー”は、一体だれの為に行うモノなの?。

f:id:tamanitokininews:20170305203042j:plain

 今日から月末の金曜日は “ プレミアムフライデー ” と称して、

早い時間に退社を促す取り組みが始まるようです。

経済産業省が旗振り役となって、官民で協議会を作って
この2月から導入される。

早く仕事を終えて、旅行に出掛けたり、食事に出かけたりして、
個人消費が増えれば経済が活性化する、という目論見なのですが
果たしてその狙い通りにいくのか、しばらく見守っていく必要が
ありそうですね。


個人的には、政府とかお役所がいちいち細かく決めなくても
いいと思っています。

もっといえば、決めてはいけないとも思います。

行政の人達は労働時間抑制の方向性さえ打ち出していたら、
後の具体的に行うことは民間に任せたほうがいいんじゃないかなと
思っています。

仕切ったところで、ロクなことはないと思いますのでね。


それは、“ だれの為のものなのか ” がハッキリしていないから。

今回のことでも、民間の人達のことを考えてやっているとは、
思えないからですね。

大企業の方のことは考えているでしょうが、それ以外の多くの
中小企業の方々のことは想定していないように感じられます。

どうしてもそういった視点が欠けているので、今回のことも
どうかなぁ~と思わざるを得ません。


それに強制的なモノでもなくて、無理のない範囲で、
参加できるところは参加してください、といったスタンス
ですから、どこまで本気で取り組もうとされてるのかは
分かりませんが‥‥。

こういう類の案件は、方向性だけ打ち出して、それをちゃんと
やってくれるところへ予算をつけて任せておけばいいと思いますね。

あと、結果のチェックさえしっかり行えば、
それで十分な気がします。

 

 

 

 

 

 

今月は車検整備を受ける時期で、もう間もなく車検整備が始まります。

 

f:id:tamanitokininews:20170304123117j:plain


今年は2年一度の車検整備の年。
車検整備の期限も迫っていますが、間もなく車検整備です。

整備不良とかで事故を引き起こしてしまった、というんでは
ダメですし、それが人身事故になってしまったとしたら
“ 何をかいわんや ” ですからね。

相手を守る。そして自分も守る。
という目的を持った車検整備は、必要不可欠な制度には
違いないですよね。

仕事とかでしょっちゅう車に乗っていますと、
本当に実感しますよね。


車検整備がとても大事な制度だとは重々認識している
つもりですが、やはり金銭的には中々、いやッ とっても
“ イタイ ” ですね。

一回で十数万円。
ヘタすると二十数万円が出ていくわけですから、結構
堪えますよね。

もう少し簡素化できる部分は大胆に簡素化していただき、
コストも下げていただけたら本当にありがたいです。

でも、安全面についてはしっかり確保したうえでの
話であることは、云うまでもありません。


それにしても、車検整備制度は自動車業界(整備関連)が
うまく廻っていく上ではとても大事なものですね。

 

 

 

 

 

JR東海の情報サイト「いいもの探訪」は逸品や名産品のネット通販だけでなく、観光情報も盛りだくさん。体験・観光旅行プランがあれば知りたいね。

 

f:id:tamanitokininews:20170302100946j:plain

注文していたアサヒカメラ2月号がようやく届いてきました。

今までこのカメラ雑誌は購入したことがなかったんですけども、
初めて買いましたよ。


鉄ちゃんの私としては、特集の「鉄道写真の深淵」ページも
もちろん魅力的なんですが、やはり購入した最大の理由は
写真を無断使用する相手に対しての対処策を綴っている
「損害賠償&削除要請マニュアル」が載っているということですね。

しかも、2月号が売切れで買えない人がいたために、
3月号にもう一度そのマニュアルを掲載しているという
ニュースを見て、「あっ、これは買っといた方がいい。」と
決断して購入したんです。


今回、買うまでの経緯がちょっといつもとは変わっていて
当初、2月号に先のマニュアルが掲載されていることは
知っていました。

「どうしようかな?。」と思っているうちに時間が経ってしまって、
いったん頭の中から消えてしまってたところへ、再掲載のニュース
が流れてきて思い出し、それでヤフオクで探してみたら、
2月号が数冊出品されていたんで、その中のうちの1冊を
購入したという次第です。


売切れが出ていて翌月号に再掲載、って珍しい事なんじゃないかなと
思いますし、プレミアム値で買わずに済んでホッとしています。

ダメだったら3月号を買えばいいかなとも思いましたが
どうせ買うなら鉄道写真の特集のある方がいいかなと思って
ましたので、無事手に入ってよかったです。

 

話は急に変わるんだけど、JR東海が運営している情報サイト
「いいもの探訪」って、ネット通販したりだけではなくて、
観光情報も流しているみたいだね。

観光スポットを見て回るだけではなくて、作陶体験とか
何か作る体験をしてみたいから、そんな体験旅行プランとかが
あったらいいんだけど。

情報サイト「いいもの探訪」に載っているかな?。 

 

 

 

 

 

 

早速、昨日購入した「カルビーお国自慢祭り〈鯛めし味〉」を食べてみました。

 

昨日のブログで、「カルビーお国自慢祭り〈鯛めし味〉」を
購入したことをお伝えいたしました。

購入しただけでは仕方ないので、“ どんな味なのか ” を
ちゃんとお伝えしないといけないので、早速いただきました。

ポテトチップスでは珍しい、鯛めし風味ですから
興味津々で食べましたよ。

 

f:id:tamanitokininews:20170301132207j:plain


ポテトチップスを1枚口に入れて、バリバリ嚙んでみましたら、
やはり “ 鯛めし ” の味がしますね。

バーベキューとか肉風味の味と比べたら、さっぱりした
味わいではありますが、鯛めしの感じです。

上品な味、と云うんでしょうか、しつこくなくて
とても食べやすい味でした。


今回のような “ さかな風味 ” の味付けは、そうは
ないんじゃないかなと思いますね。

どうしてもお肉系統の方がパンチがあって、商品に
し易いとは思いますから、この「鯛めしの味」は
結構なチャレンジだったんではないでしょうか。

これからのさかなシリーズの第2弾、第3弾を
期待しましょう。

 

  

 

 

 

お酒のあては何がいいか思案してたら、カルビーお国自慢祭り〈鯛めし味〉が販売中だったので、思わず購入しました。

 

f:id:tamanitokininews:20170227233959j:plain


お酒のあてに何を買おうかなと思案しながらスーパーに
立ち寄って店内を廻っていましたら、お菓子コーナーに特売で
カルビーポテトチップス 鯛めし味」を販売していました。

カルビーのポテトチップスは堅焼きのポテトチップスとか
九州しょうゆ味とかおさつスナックなどを食べましたが、
この「鯛めし味」は初めて見ました。

なのでこれは一度食してみないと、と思って
購入したんですよ。


味についてはまた今度ブログにアップするとして、
今回の企画は、カルビーの人気企画「お国自慢祭り」と
いうモノで、各々の県の定番の味をポテトチップスに
再現していこうとするものでした。

「鯛めし味」も “ 愛媛の味 ” として販売されており、
他にも北海道や東海地方などの味がそれぞれの地域で
販売されているようで、こういう企画は楽しいですよね。

それにしても、「鯛めしの味」というご飯ものが、
どんなチップスになってるんだろうね。

ちょっと想像つかないから、興味津々だぁ~。

 

  

 

 

 

水島コンビナートの夜景を見ると、感動するらしいですよ。

 

f:id:tamanitokininews:20170227091922j:plain

f:id:tamanitokininews:20170227091943j:plain

倉敷市にある水島コンビナートの脇を通って、
鷲羽山近くへ品物を届けに行きました。

この水島コンビナートは200ほどの事業所が立地する
規模を誇り、石油精製や鉄鋼生産などを中心にして、
日本を代表する重化学コンビナートとして発展してきた
ところです。

実際近くでコンビナートを見てもその規模には
圧倒されてしまうほどです。

なので、通りがてら写真に収めてみました。

他には、鷲羽山スカイラインを利用すればもっと高い所を
通りますので、より水島コンビナートの凄さを写真に
できたはずなんですよ。

時間があったら良かったんですけどもね。


また夜景は特別みたいですね。

京浜工業地帯や京葉工業地帯など、都会に近い工業地帯では
工場夜景ツアーが流行っているそうですが、水島の夜景も
それらに負けず劣らす、見応えがありそうです。

工業地帯が美しく見え、幻想的な夜景には
感動すら覚えることでしょうね。

 

 

 

 

 

今週の「ブラタモリ」は、港町・神戸が舞台ですが、やっぱり地形が大いに関係していましたね。

 

f:id:tamanitokininews:20170226110822j:plain


今週のブラタモリは、港町・神戸が舞台です。
先週の予告から、若干期待していましたので、楽しみですね。

今回は、神戸でも“港”にスポットを当てて紹介していますね。

お題も「 神戸はなぜ1300年も良港なのか? 」といった
ぐらいですから、港についてじっくり案内してくれています。


神戸の港が良港だったのには、大きく地形や地殻変動が関係
していたことが大きかったようですね。

特に、六甲山地

神戸は背後に六甲山地があって目の前が海で、港なので、
平たい土地が少ない場所ですので、三角州によってできた街に
比べたら、どうしても山の影響は受けやすいですよね。

港のことなのに山が関係する、というね、
本当にブラタモリらしい内容の放送回でしたね。

神戸の港の成り立ちとか発展の理由がよく解って、実に面白い
放送でしたし、いかにも、地理学っぽい内容でしたから、
本当に楽しかったですよね。


今度は、「神戸の街」にスポットライトを当てるんですよね。

これまた面白そうな企画で、次週が待ち遠しいですね。